東大阪市の相続登記や手続は安心してご相談ください。

相続あんしん手続き

司法書士・社会保険労務士・行政書士・FP みやび総合法務労務事務所

ご相談予約・お問い合わせ電話番号06-6789-0813

メールでのお問い合せはこちら

法定相続分とは

相続人が2人以上いる場合は、法律で相続できる割合が決まっています。これを法定相続分といいます。

相続人 法定相続分
配偶者のみ 全部
子のみ 全部
直系尊属のみ 全部
兄弟姉妹のみ 全部
配偶者と子 配偶者2分の1 子2分の1
配偶者と直系尊属 配偶者3分の2 直系尊属3分の1
配偶者と兄弟姉妹 配偶者4分の3 兄弟姉妹4分の1

相続人が配偶者のみの場合

配偶者が全遺産を相続します。

相続人が子のみの場合

子が全遺産を相続します。
子が2人以上いるときは全遺産を均等に分けます。

相続人が直系尊属のみの場合

父母などの直系尊属が全遺産を相続します。
直系尊属が2人以上いるときは全遺産を均等に分けます。

相続人が兄弟姉妹のみの場合

兄弟姉妹が全遺産を相続します。
兄弟姉妹が2人以上いるときは全遺産を均等に分けます。
ただし、再婚などで父母の一方が異なる場合の兄弟姉妹の相続分は、父母双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。

相続人が配偶者と子の場合

配偶者が遺産の2分の1を、子が2分の1を相続します。
子が2人以上いるときは子の相続分2分の1をさらに均等に分けます。

相続人が配偶者と直系尊属の場合

配偶者が遺産の3分の2を、父母などの直系尊属が3分の1を相続します。
直系尊属が2人以上いる場合は、直系尊属の相続分3分の1をさらに均等に分けます。

相続人が配偶者と兄弟姉妹の場合

配偶者が遺産の4分の3を、兄弟姉妹が4分の1を相続します。
兄弟姉妹が2人以上いる場合は、兄弟姉妹の相続分4分の1をさらに均等に分けます。
ただし、再婚などで父母の一方が異なる場合の兄弟姉妹の相続分は、父母双方を同じくする兄弟姉妹の相続分の2分の1となります。

△トップページへ戻る

△このページのトップへ戻る